あたりまえに訪れる明日に感謝 - こころのいやしと幸せを引き寄せるセルフヒーリングブログ。

こころのいやしと幸せを引き寄せるセルフヒーリングブログ。 ホーム  »  スポンサー広告 »  自己啓発 »  あたりまえに訪れる明日に感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたりまえに訪れる明日に感謝

「今日も何事も無く終わった」

特に大きな幸せに出会った訳でもなく
こころ踊る様な出来事が有った訳でもなく

ただ
一日が過ぎ去っていった

一日が過ぎて
明日がまた当たり前にやってくる

普通に生きていると
当たり前に想う
「明日」

でも
明日がある事が最高の幸せだった時代があった事

今日という一日を
噛みしめながら生きていくしかなかった
時代があった事を

以下
実録「神風特別攻撃隊」
穴沢利夫少尉の遺書より引用

「あなたの幸せを希ふ(ねがう)物以外に何物もない」 
「二人で力をあわせて努めてきたが終に実を結ばずに終わった」
「しかし、それとは別個に婚約をしていた男性として、
 散ってゆく男子として、女性であるあなたに少し言って逝きたい」
 (中略)
「いまさら何を言ふかと自分でも考えるが、
ちよっぴり欲を言ってみたい。」

聴きたいもの

「懐かしき人々の声」
「シュトラウスのワルツ集」

「会いたい・・・・」
「話たい・・・」
「無性に・・」
 
最後にこう綴られ少尉の文は終わります。

「あなたは今後の一時一時の現実に生きるのだ。」
「穴沢は現実の世界にはもう存在しない。」

この遺書を書き終えた少尉はその後
鹿児島知覧(ちらん)基地より出撃し、戦死が確認されたそうです。

穴沢少尉が婚約者に宛てたこの文は

「最後のラブレター」と呼ばれ
その美しい文面と
若き青年の葛藤
そして

「生きてもう一度会いたい」
と願う少尉のこころが綴られた文から伝わってきます。

明日を夢見て一日を精いっぱいに生きた少尉は
最後まで夢や希望を捨てなかった。

僕は国粋主義者でも
左翼でも
右翼でも有りませんが

何事もない一日が
実は
幸せで有る事

明日が当たり前にやってくる事が
幸せな事で有る事

今日も
明日も
夢みて生きている事が幸せな事で有る事

明日が何事もなくやってくる事に
夢をみて生きている今日にこころから感謝です。

明日が当たり前にやってくる
当たり前かもしれないけど
「幸せ」な事です。

今日の夢多の
こころいやし
セルフヒーリングでした。

今日も最後までお付き合いくださり心より感謝です。
夢多

もし共感して戴けましたら応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ



関連記事
宜しかったら応援お願い致します人気ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

No title

夢多さんへ

こんばんは★

「最後のラブレター」

若し青年のこんなに美しい文が
遺書なんて胸がいっぱいになります。。

今ある幸せな現代を
当たり前なこととしないで

一瞬の有り難さを意識したい
と思いました。

大切なコトを意識できました…
感謝です★

2011-02-23 00:39 | from 真中さき

No title

夢多さんへ

こんばんは★
応援してます~^^
明日も楽しい一日で
ありますように★

2011-02-24 00:19 | from 真中さき

No title

こんにちは、オリトです♪
いつもお世話になっています♪

戦時中の人たちの
普通に生きていると、当たり前に明日がやってくる
という言葉は、重みがありますね。

ではでは

応援です♪ポチ!

2011-02-24 20:22 | from オリト

No title

夢多さんへ

こんばんは★

今日もお疲れさまでした。
応援してます~^^♪

2011-02-25 00:47 | from 真中さき

トラックバック

http://matchdream.blog15.fc2.com/tb.php/83-6078a537

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。