自分の素直な想い - こころのいやしと幸せを引き寄せるセルフヒーリングブログ。

こころのいやしと幸せを引き寄せるセルフヒーリングブログ。 ホーム  »  スポンサー広告 »  自己啓発 »  自分の素直な想い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の素直な想い

こころの奥に眠っている感情

ありのままに
想うままに素直に感じている想い

これを「本音」と言います。

日々を生きていく事って本音を隠さなくてはならない事も多々あります。

例えば

どうしても苦手な人がいる。

上手く理由は解からないし
なんでコミュニケーションが上手くいかないんだろう
一緒にいるとなんだかモヤモヤする。

何かが違う。

感じている本音
「出来る事なら離れたい」だとしたら

出来る限り離れたほうがこころの為にはベスト。

無理やりに上手く付き合おうとしてもきっと疲れるだけ。
頑張ってみても、「本音」が
「無理かな?」と言っているのですから。

「気が合う」
「気が合わない」という言葉が有りますが

人は目に見えないけど絶えず気(波動)を発しています。

本音」が無理と言っている。
出来る事なら離れたいと想っている。

その人とは気(波動)が合わないと「本音」が教えてくれているのです。

自分の自我を押し通すのって
なかなか難しい事も有りますが
自分の「本音」が教えてくれる感情を大切にする。

別で例えれば

溜まった仕事が山ほどある。
上司からは矢の催促

でも
自分の「本音」では
「疲れたな」
「休みたいな」って想っていたら

疲れてるんだったら休んだほうが良い。

「休みたい」
「疲れた」ってこころが教えてくれているのだから

無理せず休む。

その仕事をこなさないと死んでしまうとか
突然解雇されるとかなら話は別ですけど

休んでも後からなんとかなるんだったら
「無理は禁物」

身体だけが前に進んでも
こころがついてきていないなら

まず、こころを休ませてあげる。

こころがしっかり充電されれば

無理かな?って想っていた「本音」が

「やってみようかな」って変わります。

マイナスに感じている感情を無理してプラスにするって
時にはこころに痛みを伴います。

人間関係だったり
仕事での課題だったり
日々の生活だったり

色々と「本音」を言えない事って有ると想います。
こうやって記事を書いている私自身も多多有ります。

でも、出来るだけ無理はしない様にしています。
自分が感じた想いを大切に
「本音」を出来るだけ隠さない。
「直感」を大切にする。

こころの奥を少しだけでも見つめてみてください。
本当に感じている想いは?
本当はどうありたい?
一番の幸せはなに?

ありのままに
こころが素直に感じた想いを大切にする。

これもひとつのこころのいやしです。

今日の夢多のセルフヒーリングでした。

今日も最後までお付き合いくださり心より感謝です。
夢多

もし共感して戴けましたら応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ



関連記事
宜しかったら応援お願い致します人気ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

No title

こんにちは、オリトです♪
いつもお世話になっています♪

心の奥にある本当の想い
素直に向き合えたらいいですね^^

ではでは

応援です♪ポチ!

2011-02-04 19:57 | from オリト

No title

夢多さんへ

夢多さんが、諭すように~
優しく語りかけてくる言葉で

自分の本音と向き合う勇気が
出てきた感じがします^^

ゆっくり~本音の言葉と
向き合います♪
応援してます~★

2011-02-05 00:36 | from 真中さき

No title

こんにちは、オリトです♪
ブログへの訪問&コメントありがとうございます♪

無理は禁物ということで
あまり無理せず頑張りたいと思います(笑)

ではでは

応援です♪ポチ!

2011-02-05 21:23 | from オリト

No title

こんにちは、オリトです♪
いつもお世話になっています♪

プロフの写真、カッコいいですよ^^

ではでは


応援です♪ポチ!

2011-02-06 18:44 | from オリト

No title

夢多さんへ

いつもお世話になってます♪
今日も営業中の
お仕事でしょうか。。

お身体無理されませんようにです♪
応援して失礼します^^★

2011-02-06 20:44 | from 真中さき

トラックバック

http://matchdream.blog15.fc2.com/tb.php/77-b2e8a5ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。